私の姉の話ですが、彼女は子どもがいたものの離婚をし、それからずっと実家で親の力も借りながら子育てをしていました。そりゃ寂しかったことでしょうが、子どもがいたからこそ、やさぐれず、一生懸命仕事をしていました。幸い、実家の両親は世話好きだったし、孫を育てられることを喜んで、食事の世話や学校関連の手伝いなど、積極的に手伝っていました。

 

そんな彼女も、子ども(私からすると甥)が大きくなってきて自分のことも考えるようになったのでしょう。いつの間にやら婚活をしていました。

 

地元を離れて少し都会のほうへも出向き、いい人いないかと探していました。その中で何とか意気投合できた方は、結局地元からほど近いところに住む男性でした。メールで連絡を取り合いながら親交を深め、徐々に二人で出かけたりするようになっていきました。甥もすっかり大人びて状況を理解していて、母親の幸せを願って結婚すればいいと言っていたみたいです。

 

そうしてめでたく結婚へといったわけなんですが、大変だったのはそのあとです。

 

相手の親とちょっと折り合いが合わなかったみたいで、同居は断念となり、近くに家を建てて暮らすこととなりました。結婚を急いだせいなのか、ちゃんとお互いの事を話し合ってなかったのか…それからというもの、ぱっと見は変わりませんが何となく暗い雰囲気が家の中に流れています。

 

大出費ですね。結婚するって難しいなと思ってしまいました。